ページ

2016年4月3日日曜日

CD盤のクリーニングには「消毒用エタノール」!!

今日は「消毒用エタノール」を紹介したいと思います!





「えぇ!? 消毒液!?」とお思いの方、気持ちはわかります。ですが、これが使えるんです!!

最近、CD盤の中にもハード盤という傷つきにくい盤が登場してきましたが、一般家庭でよく使われるものは、ほとんどが傷つきやすい非ハードCDです。 落としたり、指紋がついたり、埃がついた時は、みなさんどうしてますか?

口でハーっと息をかけてティッシュで擦ってしまいませんか?


実はそれ、アウトなんです...


非ハードの、わかりやすく言えば普通のCDですけど、普通のCDは、ティッシュでも傷がついてしまうんです。傷つくと、せっかく自分で作ったCDが長持ちしないどころかノイズが入ってしまいますよね。ましてや、これからマスターCDを作ってプレスメーカーに郵送するという時に、息吹きかけてティッシュで擦るなんてことになったら、大人しくつくり直しましょう...はい...


でも、それは避けたいという人にはオススメです! どうでもいい人はスルーしましょう!

どうでも良くない人のために、では進めていきます!

消毒液は、エタノールやアルコールが主成分です。普通の一般家庭ではジェルのものもありますが、それとはち違い、これは増粘剤等が入ってない純度の高いエタノールです。

これをシュッと吹きかけて、メガネ拭きなどのマイクロタオルでスっと撫でるだけ。この場合はティッシュでもいけます。指紋や埃も浮き上がって落ちて、撫でた後は水滴痕も残さず揮発。ここでポイントは、ティッシュの場合、擦らず滑らすように撫でるのがポイントです。

手焼き手刷りの販売CDを作る時は、特に数が多いですから、どんなに気をつけていても絶対指紋などがついてしまうんですよね。その時に、強い味方になってくれると思います。

あと、本来の使い方の感染症が流行った時も、味方になってくれると思います♪

ぜひ試してみてください^^


#メンテナンス #クリーニング #指紋取り #ホコリ取り #汚れ落し #お手軽 #手焼きのお供

2016年4月1日金曜日

MacにWindowsを!2PC in 1PC「Parallels Desktop 11」

今日は「Parallels Desktop 11」を紹介したいと思います!




1.「Parallels Desktop」とは

まず、「Parallels Desktop」とはどういうものか? 簡単に言えば、「Parallels Desktop」は、1つのパソコンの中にパソコン2台を入れて、1つの画面で2つのパソコンを同時に操作してしまうというもの!

うん?っと思う方のためにもう少し詳しく言えば、1つのPC画面に2つのOSを立ち上げ同時に操作するソフトです。言葉で言うなら仮想PCソフト。

「なんだ、仮想PCか」と侮ったあなた、まだまだこれからです。

Macはマジックマウスというマウスになっています。マジックマウスの上で二本指で左にスライドさせると、それだけでもOSがMacからWindowsに変わります!OSが変わる時間は0.5秒。 WindowsからMacOSへ移行は、マジックマウスの上で二本指で右にスライド。




それ以外にも、Windowsをウィンドウ化して操作することもできますし、サブスクリーンがあったらサブスクリーンにWindowsを映して操作。もう「BootCamp」での再起動はいらない!! コンパクトに1台で2台のPCを!!


2,どう変化したか

さてさて、ではこれがどう音楽制作で変化したか私の体験で話すと...

私の愛用のDAW(音楽制作ソフト)はLogic Proです。Macでしか動かないソフトなのですが、私はVocaloidも扱います。Vocaloid 3というDAWはWindowsのソフトなので、Macでは制作できないのです。私は始めBootCampという仮想PCを使っていましたが、面倒なことにOSを切り替えるのに再起動が必要だったんです。再起動の時間が無駄で、ちょっとした調整だけでも再起動。不便でした。

しかし、そこで「Parallels Desktop」の出番!! Logicを開きながら、Windowsをウィンドウ化して隣でボカロ調声。格段に制作速度が上がりました! もう再起動はいらない〜!!

というソフトです。 でも、入れるwindowsも買って用意しておかないといけないですから、その点は注意ですよ^^ 同じ悩みを持っている方がいるのであれば、一度検討してみてはいかがでしょうか? 

#効率化 #Windows #Mac #仮想PC #便利 #


2016年3月19日土曜日

初心者の人は持っておきたい「DTM用語辞典」

今日は初投稿ということで、独学の人・独学ではない人関わらず必ず必要だと思うものを紹介したいと思います。それは「DTM 用語辞典 」です。




DTMなどのコンピューター音楽では生楽器と違い、演奏だけでなくいろいろとエフェクトやミキシング、マスタリング等の技術的用語や設定、機能、そのほかに機器やオーディオ関連の用語などがあります。 それらの約370単語を解説するという、まさにDTMの辞典になっています。

特に、始めたての人は「ベロシティー」や「イコライザー」などのDTM用語からまず知らなければソフトを十分に扱えないということも。そんな時に解説だけでなく、テクニックやヒントもサポートしてくれる一冊です。


私の場合は、私が独学であるということからそうした用語が全くの無知で始まったんです。なので、当たり前ですがそうした用語を知らないと、他の音楽仲間との共作やプロの方と共有やご指導賜る時などにスムーズにやり取りができないわけなんですね。この本はそうした専門用語や共通用語、そしてオーディオ機器の知識、テクニックの呼び方や知識を正しく音楽的な知識として知れるものとして頼れる存在です。私は事あるごとに、この本を毎回開いて調べ、やりとりをしています。

それほど本格的にならないのであれば、こうした用語はなんとなく理解するぐらいの意識でいいかもしれないのですが、私は趣味であったとしても選択肢の可能性や世界を広げるために、持ってるだけでも役に立つこと間違いなしだと思います。また特に、これからDTMで他の音楽仲間と共作などで関わることが多くなるという人であれば、ぜひこの一冊は欠かさず持っておいた方がいいと強くお勧めします。コンピューター音楽をやられている方、またははじめようとしている方はAmazonページより本の試し読みもできるので、ぜひCheck!してみてください。





 タグ : DTM, 辞典, 用語, 初心者, 必須,

2016年3月18日金曜日

初めまして! ホペちんの図書館にようこそ!

みなさん、初めまして! ホペちんです!

このBlogでは、私がいろいろな活動、特に音楽活動をするにおいて「これを知っておけばよかった!!」と思うものを、皆さんにシェアするべく立ち上げました! 

なぜ、『図書館」が付くというと、最近の図書館は本だけでなくAV機器やピアノや楽器も置いてあると言う便利さに、「図書館」という名前をつけてみました!

もともとは、私のような音楽を嗜む人やこれから始める人へ私がぜひお勧めしたいという物を、私の日常を書くBlog「Mimusのblog」に書く予定だったのですが、Blog内容がとてもぐちゃぐちゃになるので、こちらのBlogに分けて書こうというのがブログ設立の動機です! ここで紹介する物の内容も私がレベルアップしてきたら紹介するものもレベルアップするかもしれません!その点は、今後のお楽しみに...

このBlogでは、ただお勧めのものをリングを張って見せるだけでなく、私自身「どういうところで役に立ったか」、「取り入れてどう変わったか」、「どう活かせたか」を丁寧に書いていきたいと思います。また、記事も書いたら書いたでその時点で終わらず、その後「気付いた点」や「新たな発見」等見つけたら、何度も同じ記事を更新、もしくは分けて書いていこうと思っているので、みなさん漏れなく Chack! してくださいね! 更新時はTwitter等でお知らせしたいと思います^^


-私の幸せをみんなにおすそ分け-



私が見つけた幸せをみなさんも受け取ってくださいね!!


ということで、ホペちんの図書館、開館です!^^



タグ : 挨拶, コンセプト,